商品を探す
カテゴリからさがす
ブランドからさがす
ユーザー
コンテンツ
古式圧搾製法。 クラシカルな技術が生み出す ホンモノの油です!
堀内製油
自家製なたね 地あぶら
250g
980円(税込)
9 ポイント還元
購入数

10,000円以上お買い上げで送料無料

堀内製油
自家製なたね 地あぶら
250g
980円(税込)
9 ポイント還元
古式圧搾製法。
クラシカルな技術が生み出す
ホンモノの油です!

商品説明


ナッツのような香ばしい香りが特徴の油です。



香りも程よく、熱に強い油で、どんなお料理にもお使いいただけます。

天ぷら、フライなどの料理や、バター代わりにクッキーなどのお菓子作りに使うのがおすすめです。

原材料なたね(熊本県産)
内容量250g
産地熊本県八代市

ストーリー


創業70年以上の老舗、堀内製油は、
熊本県八代で、創業以来変わらず、昔ながらの「古式圧搾製法」で、
なたね・ごま・えごま・つばき油を製造しています。



ノスタルジックな雰囲気が漂う工場には、現代のものとは思えない、機械が並び、
まるで昭和にトリップした感覚になります。
(千と千尋で言う、釜じいがいそうな雰囲気)

油の製法は、大きく抽出製法と圧搾製法の2つに分かれます。

抽出製法は、原料に溶剤をかけて油を抽出します。
溶剤により、香りや味が損なわれ、無味無臭に近い油に精製されます。
効率よく油を搾ることができる為、コストが安価で、市場に出回っている多くの油がこの製法です。

それに比べ圧搾製法は、原料に圧力をかけて搾る為、手間や時間がかかる上、抽出法に比べ採れる油の量も少なくなりますが、溶剤を使わないので、原料の風味や香り、味をしっかりと残すことができます。
また、堀内製油では、原料の味、香りが一番良い「一番油」のみ使用しております。



原料は、お客様に安心して使ってもらうためにも、自分たちの納得のいくモノを使いたいとの思いで、15年前から自社農園で無農薬栽培を行っております。

堀内製油は、先代の堀内義信(よしのぶ)さんが1947年(昭和22年)に創業。



終戦後、近隣の農家さんの菜種を搾る製油業としてスタートしました。



先代以来、「古式圧搾製法」と「一番油」の伝統を守り、ホンモノの油を作る
堀内製油の商品を是非!


フードハンターあわせ買いのススメ!

この商品を購入する