商品を探す
カテゴリからさがす
ブランドからさがす
ユーザー
コンテンツ
白米と一緒に炊くとごはんがプチプチに。 ほんのり甘味も加わり、食感が楽しい『ごはん麦』
ここく ごはん麦 250g
780円(税込)
7 ポイント還元
ここく
ごはん麦
250g
780円(税込)
7 ポイント還元
白米と一緒に炊くとごはんがプチプチに。
ほんのり甘味も加わり、食感が楽しい『ごはん麦』
原料の麦は宮崎の小さな集落で受け継がれてきた、在来種。
農薬・肥料を使わず、古来から伝わる農法で栽培。
ぷちぷちした食感を通じて麦の育った風景を感じて下さい。



商品説明


原料の裸麦を、無農薬・無肥料の輪作自然栽培で大切に育てました。
「輪作」とは、同じ畑で麦と大豆を栽培する形で古来より行われてきた農法。
大豆は土を耕し空気中の窒素を地中に固定、麦が窒素を吸い上げ成長する。
自然の相乗効果で作物も土もより良くなります。



裸麦は話題の大麦の一種で以前誰もが育てていた六条大麦、もち麦と同じです。
モミがポロッと手で取れることからこの名前で呼ばれています。

裸麦の種は椎葉村に住むおばあちゃんだけが大切に育ててくれていました。



ここくの麦は全てこのおばあちゃんから受け継いだ麦です。

蒸気で押しつぶした「押し麦」に対して、こちらは麦そのままの形の「丸麦」。
押し麦をご存知の方はぜひ一度本当のぷちぷち食感を体感してみてください。
さらに5分づきで精麦しているため噛みごたえがあり、やわらかな白米や冷汁などによくあいます。



どうやって食べるの?お水加減は?
炊く時は加えた麦の倍の量の水を足して下さい(大さじ1の麦を足したら大さじ2のお水を足す)。麦は浸水が早いので浸した白米を炊く前にさっと入れてもおいしく炊けます。



麦と米の比率は?冷汁を食べる時は?
「麦ごはん」の場合は麦:米の比率は1:10が普通です。一合のお米に対して大さじ1の麦です。
宮崎県の郷土料理、「冷汁」の場合は4:6がベストといわれます。1合分の冷汁用ごはんを炊くのであれば、麦が大さじ4(およそ72g)、米が大さじ6(およそ108g)ぐらいを目安にしてください。

この種を守ってきた先人たちの想い、地域の歴史、いろいろな人の人生が見えるから、大切にしたくなる。
そんな遠いおはなしに手を合わせ、少しだけ滋味を噛み締めて味わってみてください。
きっと心が豊かに動き出すはずです

・麦ごはん約12合分です。

原材料裸麦
内容量250g
産地宮崎県宮崎市清武町

ストーリー


「古き時代より先人たちが伝えてくれた財産を大切にしたい。」
「こころから「いただきます」と手を合わせる食べ物を届けたい。」



宮崎県宮崎市清武町で農業を営む加藤さん。
静岡県浜松市生まれ。
以前は横浜でウェブデザイナーとして働いていたが、実態のないデジタルな世界に虚無感を感じていた頃、偶然手に取った本がスローフードの本でした。



「食というものに関心がなかった私にとって、書かれていた内容は目から鱗のことばかり。
その時、食の向こう側に自分の虚無感を埋めてくれる何かがある気がした。」

気がつけば畑に立ち土に触れたいと思い農業の勉強を開始。

奥様の故郷、宮崎の移住を計画していた矢先、東日本大震災が起こりました。

電気、水道のライフラインの危機、スーパーの買い占め、



「お金は持っているけど僕は何もできない」

より一層「自分の食べ物は自分で作れるようになりたい」と思い
一時避難のつもりでしたが、計画を前倒しし家族で宮崎に移住。

農業研修を受けた後、畑を借りて2013年5月「ここく」が生まれました。

「ちゃんと感謝できる食べ物を作りたい」
「おはなしのある食べ物を届けたい」

世代を超えて受け継がれ、現代に辿りついた本当に貴重な在来種を、肥料・農薬を使わず、
こころをこめて育てたものをお届けしています。

フードハンターあわせ買いのススメ!